ABOUT COMITTEE

協会案内

軽井沢リゾートテレワーク協会は、軽井沢観光協会、町商工会、軽井沢旅館組合等で構成される民間主体の団体です。

軽井沢の標高約1000メートルの気候、自然、様々な人々が集うコミュニティーといった魅力をアピールし、企業・団体に軽井沢でのテレワークを促し、働き方改革や地域の活性化を目的としています。

役員

会長
土屋芳春
会長代理
金澤明美
副会長
鈴木健夫
副会長
徳永清久
副会長
鈴木幹一
理事
金山明煥
理事
森 和成
理事
土屋好生
監事
秋山貴史
監事
春原真一

会員

設立会員
須藤哲也
設立会員
志立正嗣
設立会員
尾沼好博
設立会員
押金洋仁
設立会員
石坂洋二
設立会員
河野 岳
設立会員
福原未来
設立会員
金山城太郎
設立会員
林田和樹

施設会員

金澤明美
ルルグラス
鈴木健夫
旧軽井沢ホテル音羽ノ森/A-WATOカフェ
徳永清久
プリンスホテル
鈴木幹一
ウェルネスリゾートラボ
森 和成
ライジングフィールド/オーデバール
星野雅弘
軽井沢書店
真山嘉昭
風越公園(アイスパーク・体育館)
高田 聡
緑友荘
由井一夫
音楽ロッヂゆうげん荘
本間継一
いこいヴィラ・ワーケーション@軽井沢
村越 猛
くつかけステイ中軽井沢
柄沢忠祐
フォレストコーポレーション
武田 稔
232work&hotel
酒井聡子
ラ・メゾン軽井沢
相澤晴行
GREEN SEED 軽井沢
土屋弓枝
エンゼルリゾート
古越道夫
沢屋 こどうテラス
梶田 祥
K’s Village Karuizawa
小山典昭
TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA
三橋雄太
Hotel Karuizawa Cross

軽井沢でのテレワークの歴史は古い

1905年(明治38年)に旧軽井沢に完成した洋風建築の三笠ホテルでは、当時の政財界の重鎮である渋沢栄一や団琢磨(旧三井財閥総帥)、住友吉左衛門(旧住友財閥総帥)、乃木希典将軍、近衛文麿、有島武郎、里見淳、清朝最後の皇帝溥儀といった名だたる顔ぶれが宿泊、華やかな社交が行われており、『軽井沢の鹿鳴館』と言われていた。これが軽井沢のサロン文化の原点であり、テレワークの原点でもある。以来、大正から昭和と政財界の重鎮を中心に、社交が盛んになっていった。社交だけではなく、幹部を呼んで重要なことを決めたり、テレワークが当たり前のように浸透していた。

転機となったのは、1997年の北陸新幹線(当時長野新幹線)が高崎~軽井沢~長野までの開通である。この頃から別荘所有者、移住者が増え始め、同時に別荘などでテレワークする人が増加した。

さらに1998年には、別荘所有者である松岡温彦氏※が「人、われを「在宅勤務社員」(テレワーカー)と呼ぶ―本当の自分を取り戻すための52章 」という書籍を出版。以来松岡温彦氏は、軽井沢は仕事に最適な場所との考えで、別荘所有者・移住者を中心にテレワークの勉強会、体験会、啓発活動を長期にわたり積極的に行っていた結果、軽井沢ではテレワークが自然な形で浸透していた。

その流れを受けて、2018年2月~6月にかけ、一般社団法人軽井沢ソーシャルデザイン研究所が、総務省、長野県などの後援を受け、一泊二日のリゾートテレワーク体験会を4回主催、東京から多くのワーカーが参加した。同年7月には、一般社団法人軽井沢観光協会、軽井沢町商工会が中心となって、軽井沢リゾートテレワーク協会を設立。以来リゾートテレワークの啓発活動を東京で、体験会を軽井沢で開催。現在軽井沢町には20か所以上のワークスペースがオープン、多くのワーカーを受け入れている。最近では自治体、企業等の視察が絶えない。

※松岡温彦氏 早稲田大学卒、住友信託銀行、住信基礎研究所取締役を経て、地域デザイン学研究所設立。軽井沢と東京の二拠点生活。軽井沢リゾートテレワーク協会顧問。軽井沢のテレワーク普及に極めて大きな功績を残された。2019年没。